気をつけたいこと

診察

注目される理由と知っておくべきこと

普段は精神的に安定していても、あることがきっかけでうつ病になってしまうことがあります。よくあるのは対人関係によりうつ病が発生する場合です。基本的に交感神経と副交感神経のバランスが悪くなり、交感神経が圧倒的に優位になるとうつ病が発生する可能性が高くなるでしょう。例えば新入社員として会社に入ってみたものの、日々緊張した状態が続いている場合には、副交感神経よりも交感神経の方が優位になります。この状態が極端になってしまうと、自律神経のバランスが崩れてしまいうつ病になる可能性があるわけです。このような状態になった場合には、生活の面で様々な支障が生じるはずです。具体的には、自動車の運転がこれにあたります。自動車の運転をする場合には、精神的に安定することが必要ですが、精神的な不安定な状態で運転してもまともな操作ができなくなることもあるでしょう。このような場合、時間が経過すれば解決するかと言えばそのような事はありません。やはり病気のプロに相談して解決をしてもらうべきです。その代表的なものが精神科や心療内科です。素人では治せない病気を治すことができる点で注目されています。

うつ病で運転をしようと考えている場合や、これから仕事で運転をしなければならない場合には、そのままの状態だと大変危険な状態とも言えます。うつ状態が治っていれば良いですが、完全にうつ病の状態で運転をしても何も良い事はありません。もし精神科や心療内科に通う場合には、そのことをしっかりとつけましょう。仕事で絶対に車を使わなければならない場合はなおさらです。実際に通うとなれば、1週間に1階ぐらいは通うことが必要になるでしょう。このときの費用も気になるところですが、保険が適用されることになります。そうすると、自分で10割も負担する必要はなくなるでしょう。風邪をひいた時は怪我をした時と同じように、3割だけの負担で済ませることが可能です。ある程度病気の状態が安定してくると、毎週通う必要はなくなります。医者の指示によって異なりますが、おおむね2週間に1度ほど通院すれば、安心した状態にまで持ち込むことが可能です。車を運転する場合には、原因療法を行うとともに薬を使った対症療法を行っていくはずです

Copyright© 2020 主治医と相談し、安全に配慮することが求められます All Rights Reserved.