抗うつ剤の影響

運転する女性

自分の体質や病気と薬を総合的に判断する

仕事でどうしても車を運転しなければならないという人も多く、うつ病患者の中にもやむを得ず車を運転しているという人も少なくありません。しかし、注意したいのは、抗うつ剤がもたらす悪影響に関してです。実は、今までに抗うつ剤の服用による様々な事故やトラブルなどが報告されていて、抗うつ剤がもたらす影響は感化することができません。そこで、うつ病を患っている人が運転をする場合、抗うつ剤の服用に関しては十分に意思に相談する必要があります。あまり強い抗鬱剤を服用する場合、副作用として急な眠気に襲われたり、注意が散漫になってしまうことがあります。そのような抗うつ剤の副作用について予め理解を深めておき、運転をすることを主治医に伝えた上で支障がないような薬を処方してもらうことも可能です。このような症状はすべての人に生じるわけではなく、やはり薬との相性や体質によるところが大きいです。もし、万が一運転中に副作用が発生してしまうことがあれば、速やかに薬を変えるなどの対策が必要です。

抗うつ剤には、運転に適さない薬というものが存在します。薬局などでは処方の際の注意事項にも記載を行い、注意喚起を呼びかけています。避けたほうが良い薬には、注意喚起とともに運転の禁止の指示がなされていることもあるので、処方箋の注意事項の欄をよく読む必要があります。自分だけは大丈夫だと高をくくっていると、思わぬトラブルが生じてしまうこともあります。もちろん、すべての薬が運転を禁止しているわけではありません。重度のうつ病を患っている場合、どうしても抗うつ剤も強いものが処方される傾向にあることから、できる限り車の運転は避けたほうが良いとされているのです。他方、軽度のうつ病であれば問題ないかと言うと、それは個別に判断する必要があるのです。基本的に日常生活、並びに薬を服用した時に生じる副作用などがあれば、積極的に意思に相談して判断を仰ぐことが大切です。うつ病によって判断力が鈍ってしまうことはよくあることなのです。医師と相談しながら、安全に運転することを考えましょう。

Copyright© 2020 主治医と相談し、安全に配慮することが求められます All Rights Reserved.