気をつけたいこと

診察 うつ病の状態になった場合、運転をするのは危険なことがあります。この場合は精神科や心療内科に通って、元の精神状態に戻してもらいましょう。費用に関しては、保険が適用されることからそこまで大きなお金がかかるわけではありません。

詳しく見る

病気と自動車の利用

運転手 自動車がないと生活に支障が出るという人もありますが、病状によっては運転がふさわしくない場合もあります。うつ病の場合は特に禁止ではありませんが、精神面が不安定なときや眠気が強いときは避けておきたいところです。まずは治療を優先しましょう。

詳しく見る

薬との因果関係

診察 車の運転に支障をきたしてしまうというケースは、抗うつ治療薬で実際に確認されています。そのため、うつ病を患っていて車を運転する必要がある場合、抗うつ剤の種類を変えるなど医師と相談する必要があることが考えられます。

詳しく見る

抗うつ剤の影響

運転する女性 抗うつ剤の服用により、運転に支障をきたしてしまうことが懸念されています。うつ病の重度と軽度に関わらず、その人の体質によって副作用が生じ、その結果、運転に問題が発生することがあります。まずは医師に相談することです。

詳しく見る

薬は治療の第一歩

ハートを持つ医者 うつ病が疑われる場合には、心療内科などのクリニックへ行く前にカウンセリング用に原因を振り返ってみることがあります。また薬物療法で治療をしていくと決めたら運転などを気をつけることや、自分勝手な判断をしないようにすることです。

詳しく見る

必要な情報は伝えること

運転する女性

強い眠気に注意しよう

うつ病はストレスの蓄積などが原因で起こる代表的な精神疾患であり、性別や年齢を問わず誰でも発症する可能性があると言われています。うつ病は気分障害の一種とも言われており、意欲や作業効率の著しい低下によって日常生活などに支障をきたしてしまうという特徴があります。そのため、普段の行動にいつもよりも時間が掛かってしまったり、強い倦怠感が長期間続く場合はうつ病のサインではないかと考えることが重要です。また、注意力が平常時よりも散漫になってしまうため、自動車などを運転する場合は特に注意する必要があります。主治医にうつ病であると診断されても運転が禁止されるわけではありませんが、判断力などが著しく低下していると認められると、症状が回復するまで運転が禁止されることがあります。自動車などの運転は様々なことに注意する必要があるため、知らない間に疲労などが蓄積しがちです。ストレスや緊張は治療において大きな妨げとなるので、うつ病と診断されたら無理をしないことが重要です。

うつ病治療で重要なことは十分な休息を取ることですが、場合によっては抗うつ剤と呼ばれる薬を使った治療が必要となることがあります。抗うつ剤は心療内科などで処方してもらう薬であり、定期的に飲み続けることで効果が得られるようになっています。多くの抗うつ剤は脳内の神経伝達物質のバランスを調節する働きがあるため、気分が安定して高い効果が得られるという特徴があります。早めに職場に復帰したいという方や、十分な効果を得たいという場合に活用するのが良いと言えます。タクシーのドライバーや宅配業務といった乗り物を運転するお仕事をしている場合、主治医との面談時などで自分の職業を確実に伝えておくことが求められます。抗うつ剤の効果によっては眠気が起こる場合があり、運転中に眠気を感じることは良いとは言えません。また、うつ病の症状が原因となって眠気を感じてしまうこともあります。主治医に適切な薬を選んでもらって安全な治療を行うためにも、自身が困っていることや就業している職業のことなどを十分に伝えておくことが、医療機関の適切な活用方法と言えるでしょう。

Copyright© 2020 主治医と相談し、安全に配慮することが求められます All Rights Reserved.